2019年10月29日 (火)

最高の友と一献!

先週末は家族で那須の週末住宅へ伺いました。

Img_0276
 2階デッキからの眺望が最高です!


今回は点検を兼ねての久しぶりの宴ということで。

完成からずっと家族ぐるみでお付き合いをさせていただき

クライアントと設計者という立場を通り越して

今では最高の友になっています。

Img_0289
 雑木林の斜面に建っています


Img_0311
 着々と宴の準備が進みます


Img_0313


Img_0315
 この美味しい日本酒がききましたw


皆の近況からお互いの息子たちの話など

盛りだくさんで話は尽きません ♪

そしていつの間にか夜は更けたのでした。




Pa272596

美味しい料理と旨い酒

そして素晴らしい風景

ご馳走様でした!

次回の宴が今から楽しみです ♪


KAZ建築研究室では別荘建築の設計監理も行っています。

事務所HPもご覧ください コチラ

 

| | コメント (0)

2019年9月30日 (月)

リノベという選択肢

誰もが憧れる新築一戸建て。

住まいに限らず自分のお店を持ちたいという方もいらっしゃると思います。

しかし、当たり前ですが、そこには敷地が必要だったり新築に必要な資金が絡んできます。

なかなかそこまでの予算はかけられないという方も多いと思います。

そこで少し目線を変えてみるとすぐ浮かんでくるのがリノベーションです。

今回はそんなお話を少々。

さて、リノベーションのメリットは??

例えば、親が所有している土地建物だとしたら。。。

まず土地と建物が既にありますから、その分の予算が省かれます。

これは大きいですね。

建物の経年劣化が少ないと仮定すれば、

必要なところにだけ予算をつぎ込めるのがリノベの最大のメリット。

劣化した部分の修理と新たに変えたい部分の費用だけ。

Kagohara0
籠原の家

Sumire0
 Sumire house

屋根や外壁やサッシまで修理・・・となると外部だけでも挙げたらキリがありません。

新築なら屋根や外壁やサッシを取り付ける必要がありますが、

リノベでは、それらは既に備わっていますから

傷みがなければ余計にコストを増やす必要がありません。

自分の予算に見合ったところまで工事をするという考え方。

例えば、その建物の古き良き姿を残しつつ新しい内装を取り入れるとか。

原型を残すことでその建物を住み継ぐことができます。

それが両親の建物だとしたらその記憶がしっかりと残るわけです。

Sumire5
Sumire houseでは奥の和室はそのままの姿で残しています

Sumire3
既存野地板や丸太を見せた天井と新設したトップライト


新築のように見せるなんてことはしません。

住み継ぐということはそこにその建物があったことを未来に繋いでいくのです。

天井裏から出てきた無垢の丸太には当時の棟梁が書いた文字や手仕事の跡が見えてきます。

壁を撤去して残った柱には壁があったことを記す跡があります。

これらはすべてこの家の証なのです。

それを楽しみながら住み継ぐ。

リノベという選択肢。

なんだかワクワクしませんか!


Kagohara1
既存丸太を見せた籠原の家のダイニングキッチン

Kagohara3
土間の柱には壁の欠き込み跡が残されています

■ KAZ建築研究室HPもご覧ください  コチラ

| | コメント (0)

2019年7月20日 (土)

おかげさまで30周年

Img_8691
KAZ建築研究室は本日で開設から30年を迎えました!

これも、多くの皆様のご理解の賜物と深く感謝申し上げます。

今後も楽しい建築をつくり続けてまいりますので

引き続きよろしくお願い申し上げます。


実は前々からこの30周年までにやろうと考えていたことがありました。

よくよく考えてみると「KAZ建築研究室には看板らしいものがない!」

ということで、

30年目にして、ようやく外壁にサインを付けました^^’

A501bf1b9ce2420b86b4370343b23090
これは西側にあるサイン



それから、

同じようなことを長男も考えてくれていました。

ということで、

30周年記念のポスターを制作してくれたのです。

Img_8107


Img_8114
30th記念ポスター:モチーフは最初に設計した「北春日部の家」

 

また、このポスターをきっかけにして、

30周年記念の節目に相応しい何かを只今考え中です。

決まり次第またお知らせしますので、

お楽しみに~ ♪

Img_8773
東側(事務所入口側)のサイン

 

とうことで、

今後とも末永いお付き合いをよろしくお願い致します。

               小磯 一雄

| | コメント (0)

2019年7月14日 (日)

個別見学会

Img_90952


クライアントのご理解ご協力により、

昨日は午後から個別見学会で

埼玉県熊谷市のBEAT HOUSE に伺いました。

梅雨の合間でしたが雨も降らずで見学日和。

千葉県からお越しになったご家族をご案内しました。

室内をぐるっと見せていただきながら

奥様から住み心地や使い勝手など生の声をお聞きしたり、

天井の高さや仕上げ材の説明などもお話しました。

最後には屋根に上り芝屋根を体験していただきました。

ここは外からの見た目だけではわからない気持ち良さがあります。

まるで丘の上に登ったような感覚で、皆さんが感動していました!

 

下の写真はお庭に咲いていた名前を知らないきれいなお花。

どなたか知っている方は教えてくださいw

A8c9d3b0fb8944558d4eb4279347c2472

KAZ建築研究室ではオープンハウス時期以外でも、

このような個別見学を行っています。

但し、クライアントのご都合もありますので

どのお宅でもOKというわけではありません。

写真では伝わらない実物の空間・素材の質感などを

体感することができます。

 

見学希望の方はコチラから必要事項を記入の上

メールにてご連絡ください。

 

| | コメント (0)

2019年6月24日 (月)

雨上がりのリピア

2019

事務所の入り口に植えてあるリピア(ヒメイワダレソウ)。

春になると徐々に緑になり

この時期には小さな花がたくさん咲きます。

グランドカバーとして有名ですね。

うちのリピアはmat house から譲り受けたもの。

mat house の庭は一面リピアなのでご覧ください。


グランドカバーとしてもきれいですし、

何といっても丈夫なのでいいですね!

踏まれてもへこたれません。

また、少しだけ植えてもあっという間に広がります!!

なのでたくさんではなくほんの一部に植えることをお勧めします。


そして、うちのリピアはその後いろいろなお宅に嫁いでいきましたw


今頃はあちこちのお宅で小さな花が見ごろだと思います ♪

| | コメント (0)

2019年5月23日 (木)

平屋という選択肢

Beathouse

平屋の住まい。

憧れている方も多いのではないでしょうか。


ちょっと贅沢な住まいですが、その分メリットも多いんです。

写真はBEAT HOUSE。

テラスでくつろぐご夫婦。

そこはウチとソトが連続する空間。深い軒の屋外テラスと屋内リビングが大きな窓で繋がっています。



また、平屋独特のフラットなプランは身体に優しく、家族の気配も身近に感じることができます。

お子さんが巣立って、ご夫婦二人きりというケースにも最適です。

上階がないので、屋根形状そのままのデザインが豊かな室内空間として実現します。

平屋は構造的にも制約が少ないので広い空間や大きな窓がつくりやすいのです。



せっかくの家づくり。

平屋という選択肢も視野に入れてみてはいかがでしょう!



KAZ建築研究室HPもご覧ください コチラ




| | コメント (0)

2019年4月25日 (木)

春ですね~!

Yamaboushi

ついに新緑が眩しい季節がやってきましたね!

事務所のヤマボウシもたくさんの若葉でいっぱいです。

日に日に緑色が増えています。

この新緑の緑ってすごく爽やかでいい色ですよね~!

この季節には辛いこともいっぱいあったけど

それでも爽やかで清々しいので好きです。




もう一つ。

報告が遅くなりましたが。

ヤマボウシの隣にひっそりとあった木瓜。

今年はパワーアップして存在感アピールしてました。

その満開だった時の様子も併せて一挙公開です!


Boke1_2

Boke3

普段はまったく気付きませんが、

花が咲くとすごい存在感です。



小学生の通学路なので、また枝のお手入れしなきゃ。

| | コメント (0)

2019年4月17日 (水)

カーセンサーエッジ5月号掲載

Edge

共存型ガレージとして

BEAT HOUSEBeetle House

カーセンサーエッジ5月号にダブル掲載されました。

ぜひご覧くださいませ。

| | コメント (0)

2019年2月28日 (木)

雑誌「群馬の家 vol.15」に掲載されました  Sumire house

 

2019sumire

 

 

 

 

こんにちは、KAZです。


前回雑誌撮影の様子をご紹介したSumire house

その雑誌がいよいよ明日発行です!

雑誌名は「群馬の家 vol.15 2019 春・夏号」。

巻頭特集のP14~19に掲載されています。




群馬県太田市のリノベーション木造住宅です。

ウチ土間とソト土間を設けてのびのび暮らせる家。

暗くて寒い家は明るく開放的な家に生まれ変わりました!




あ、そうそう!表紙のお宅です!!




表紙から各ページに至るまで

カメラマンTさんの全開ノリノリフルパワーの

かっこいい写真ばかりです。

ぜひお手に取ってご覧くださいませ!

| | コメント (0)

2019年1月13日 (日)

雑誌取材  Sumire house

群馬県太田市のSumire house

在来木造のリノベーション住宅です。

週末は雑誌の取材があり伺いました。

寒い日でしたが晴天に恵まれ絶好の撮影日和。

Img_7735

印象的だったのは、

カメラマンTさんの軽快なカメラワーク&トーク。

これが時間の経過と共に徐々にパワーアップします!

Img_7744

そして中盤頃には、

いつの間にやら全開ノリノリフルパワーに♪

かなりの枚数を撮ったと思われますw

その全開ノリノリフルパワーが

スタッフやご家族を和ませて、

撮影は辺りが暗くなるまで続きました~!



Img_7768

いや~何とも楽しい取材でしたぁ^^

皆さん、お疲れ様でしたー!


Img_7727

3月初旬に発売予定だとか。

今から出来上がりがすごーく楽しみであります♪


またここでお知らせします。

お楽しみに!

| | コメント (0)

«あけましておめでとうございます