トップページ | もう一つの仲間 »

2006年7月11日 (火)

至福のとき

Nak  先日、久しぶりに「NAK HOUSE」を訪れました。まず、お子さんの成長ぶりにビックリしました。当初打ち合わせをしていた頃は、幼稚園児と小学生だった二人が、今では高校受験と就職活動に頑張っているのです。「家」も同様で、床や柱や梁は飴色に変化し、いい味になっています。時間の流れを実感しました。家族も家も変化していましたが、変わらないものもありました。家族のチームワークです。この日の夕飯は奥様とお嬢様のコラボレーションによる自慢の韓国料理。盛り付けから食器の準備まで家族全員で手際よく進められます。メニューは海鮮チヂミ、トポッキー、それからチャプチェ。絶品の味!おいしい料理においしいお酒。そして家族の笑顔。ワイワイと楽しい会話が弾み、時間があっという間に流れました。

久々に頂いたNAK HOUSEでの至福の時間。ご馳走さまでした!

|

トップページ | もう一つの仲間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

KAZさんご紹介ありがとうございます。
いつもこちらの都合ばかりで遠路はるばるおいで頂き、ゆっくりと時間もとれず申し訳ありません。
光陰矢のごとし!とは昔の言葉でしょうが現代は矢よりももっと早く時間が過ぎていってるように感じます。子供たちもあっという間に大きくなりましたが、この子達の何を見てきたのか実感がありません。刹那的ではありますが、今がよければ的にすごしてきたような気がします。
家も子供も順調に年を重ねていますが、この変化がまた面白いのかもしれませんね。
また新たなメニューとともに御来成をお待ちしたいと思います。

投稿: Nakhouse | 2006年7月13日 (木) 17時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 至福のとき:

トップページ | もう一つの仲間 »