« 週末住宅 5 | トップページ | OPEN HOUSE終了! »

2007年6月20日 (水)

「T's Gallery」ソトに出る!

Photo_14  T's Galleryでは、約5年間にわたり作品紹介として更新を続けてまいりました。この長いようで短い期間には、多くの出来事と共に自らの成長を大いに実感できる時間の存在がありました。苦しみの中に喜びを見出した時間でもありました。それは美を見出す、また発見する、という行為の必要性を理解する上では非常に重要で、自分自身を理解する上でもただただ大切な時間でありました。確かに多くの出来事は発生し、常にそれが絶えることはありません。時間の経過と共に良い思い出へと生まれ変わるもの、またつくり変えられるもの、また、そうでないもの。それらの繰り返しが時間となって一人の人間をつくりあげます。芸術という行為は、自己の表現であることに間違いはありませんが、個人の思想・主張と共に社会・時代性なども大なり小なり反映されるわけです。そしてそこには、時の流れさえも見つけることが出来るのです。例えば、ある人物が小学校低学年の時に描いた絵。他人が見れば、それはただの子供の絵に他なりません。しかし、年月を経てその絵の作者が見た時に限り、そこには時間が宿るのです。すべてのことは、成し遂げた瞬間には既に過去のものへと化すわけで、あらゆるものがめまぐるしく変化する中、それでも私たちは何かをするわけです。現在を生き、未来を見つめながらも、私たちは常に過去のものなのです。その流れにただ流されるのではなく、いかに支配しどう活用するか。その点を見つめていくことが今後の発展へと繋がる唯一の道とも言えるでしょう。自分は、芸術を目指し、且つ自分を含めた多くの事柄を理解しようとする一人の人間にすぎません。

6/24「K house」の建て主様のご協力をいただき、一つの節目としてT's Galleryが初めてweb上から抜け出しソトに出ます。このようなことを思っている一人の人間が描いた絵としてご覧いただけたら幸いです。(T)

|

« 週末住宅 5 | トップページ | OPEN HOUSE終了! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「T's Gallery」ソトに出る!:

« 週末住宅 5 | トップページ | OPEN HOUSE終了! »