« もう一つの夏 | トップページ | 筒抜け状態 »

2008年7月23日 (水)

一瞬の夏

この三連休の間に、二つの夏が完結しました。一つは、中三の息子の最後のバレーボールの大会。初心者からスタートして、3年間練習を続けて、彼らは身も心も引き締まってたくましくなりました。その彼らの中学最後の試合でした。思うような結果は出ませんでしたが、彼らの中にはこの3年間に得たいろいろなものが蓄積されたはず。この悔しさを胸に高校で更にバレーを続ける子。また、気持ちを切り替えて新たに進む子。皆それぞれが違う道に分かれていくのでしょうね。親としても、あっという間の3年間でしたが、最後まで頑張った君たちに、心から拍手を送ります!

もう一つ。それは、このところ毎年恒例になっている神輿担ぎ。今年の館林まつりは大会と重なったため、大会初日の試合終了後すぐに駆け付けて、夕方から夜までガッチリと担がせていただきました。無心になれるというただそれだけの感動を求めて!今年はいつもより大声を出し過ぎたのかな・・・声が嗄れました。そして、期待通りの感動は、体中のあちこちに残る痛みとなって、今も感じ続けています!

自分の背中を押してくれたように思えた、一瞬の夏でした・・・!

2008 Tatematsu2008

|

« もう一つの夏 | トップページ | 筒抜け状態 »

季節」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一瞬の夏:

« もう一つの夏 | トップページ | 筒抜け状態 »