« 生コン打設 | トップページ | ビー玉入れ »

2009年9月29日 (火)

材料検査

I 昨日は午後から I house の構造材の検査でした。事務所から北関東道で藤岡ICまで約1時間、現場担当の山本さんと合流しそこからのどかな風景を眺めながら約20分。工務店提携の甘楽町のプレカット工場に到着。まずはプレカット担当の佐藤さんを交えて構造材の最終打ち合わせ。この佐藤さんは細かな配慮が素晴らしい方で、この段階から建ち上がりが楽しみになりました。その後実際に I house に使用される材料の所に。工場に到着したばかりの材木は湯気を立てるように我々を待ち構えていました。柱・梁の材種や寸法のチェックを行ないます。佐藤さんに含水率も測ってもらいました。I house は梁材がそのまま見える部分が多いので、この時点での寸法はとても重要。この後この柱・梁は加工されて表面が削られるため、今より寸法が小さくなります。それを想定して、組み上がった時の梁と壁の取り合いがきれいになるようにします。なので、加工前の今の寸法が重要なんですね。寸法も大きめだったので安心しました。というわけで、無事に検査は終了。この材料たちは、これから加工されて I house のパーツに変化します。2週間後にはそれが組まれて建ち上がるんです。私の中では徐々にワクワクドキドキ感がピークに達してきました!

|

« 生コン打設 | トップページ | ビー玉入れ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事