« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月26日 (土)

薪ストーブがやって来た!

今週、Beetle House に待ちに待った薪ストーブがやって来ました。私が伺ったこの日、ご主人は朝から晩まで練習(?)していました。灰が溜まっていた方がよいとのことで、ガンガン薪を燃やしていたようです。夕方伺った時には、既に手馴れた様子でストーブと一体化(??)していましたねぇ!ほぼ工事も終了して冷えきっていたはずの室内は、薪ストーブのパワーでポッカポカでした。やはり炎はいいです!安堵感を与えてくれます。ジッと見ていても全然飽きないんですねー!工事は、外構の土間コンクリート打設を残すのみ。ゴールはすぐそこまで来ました。

1 Photo_2

|

2009年12月21日 (月)

I house近況

師走の空気がだんだんと濃くなってきました。今日の高崎は、晴天ですが写真を撮る手が凍りつくような寒さです。それに比べて現場内は大工さんの熱気が溢れていました。外壁も着々と進行し現在はご覧のような具合で、パッと見ほぼ完成形まできました。この家では2種類の素材で3通りに使い分けています。内装は内壁のボード張りの真っ最中。ここまで来るとクライアントの方でも完成形が想像出来ます。大工さんの仕事も残り僅か。あと2ヶ月くらいで完成する予定です。1221_i1 1221_i2

|

2009年12月10日 (木)

個展紹介

Koten0 Tくんの初個展も12/6に無事終了しました。ここで、直接ご覧になれなかった皆さんに少し個展の様子を紹介します。ここ最近描いた油画が5点、ベニヤ板に描いた等身大油画が1点、取手ART PATHに出品する作品のためのドローイングが数枚、高校時代から現在までのポートフォリオや絵本もありました。いろいろな作品を見ていて思ったことがありました。美術的な難しいことはわからないので、単純な感想ですが、素人目で見ても1年間という時間の中で彼の作品は大きく変化していました。何がそうさせたのかはわかりません。きっといろいろなものが影響したのでしょうね。また、今後どのように変化するのか、それもわかりません。でもいつの間にか次の変化が楽しみになっていたのは確かでした。

遠方にもかかわらず、彼の小・中学校時代の先生や友人、またクライアントの皆様など、多くの方々にお越しいただき本当にありがとうございました。

Koten3 Koten4_2 Koten2_2 Koten1_2

|

2009年12月 2日 (水)

取手 ART PATH 2009

Art_path2009 明日から、東京藝大の一年生を中心とした総勢170名以上の学生による取手校地最大の作品展「取手 ART PATH 2009」が行なわれます。絵画、立体、インスタレーション、写真、サウンドアート、映像、パフォーマンスなどの表現方法を用いた様々な作品が見られるようです。他の大学のようにオープンキャンパスがないので、この機会に学生の真の姿を覗いてみるのもいいかもしれません。私も週末に見てこようと思います。

日時:12月3・4・5・6日 10:00 ~ 17:00

場所:東京藝術大学取手校地  茨城県取手市小文間5000

|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »