« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月25日 (土)

現場&温泉 その三

午後から「UC house」の現場へ。

高根沢町に着くと周りは雪景色でした。

そのため現場は今日も寒かったー!

棟梁は外壁の断熱材を黙々と取り付け中。

三時休みには、

今日も美味しいコーヒーをご主人に入れて頂きました♪

現場打ち合わせ終了と同時に

今日もご主人は「温泉行きましょう♪」と。

またまた現場担当の石塚さんと三人で

温泉に浸かってきました♪

カメラを忘れたので今日は写真なしです。。。

場所は、

高根沢町の「元気あっぷむら

のんびりと露天風呂に浸かりながら三人で談笑♪

つかの間の至福の時でした♪♪

家に帰ってからも、なんだか身体中ポカポカしてました~!

お疲れ様でしたー!

あっ!今日は現地解散したので

飛ばし屋石塚さんの姿は見かけませんでした(^^’

| | コメント (2)

2012年2月16日 (木)

ドキドキのプレゼン!♪

現在進行中の住宅のプレゼンを先日行いました。

土地探し中のご夫婦とは

昨年から家に対する考え方などを話し合いながら

既に完成して住んでいる住宅なども実際に見学してもらいました。

今年になって土地が決まり

そしてついにプレゼンとなりました。

この瞬間は何度経験しても毎回ドキドキするもんです。

愛車と共に暮らす家です。

趣味で集めたミニカーもたくさんあります。

Beat1

それらと一緒に楽しく暮らしたいという希望を叶える家。

ご夫婦ともプランを気に入って頂いた様子で

打ち合わせ後半からは軽くビールを飲みながら

打ち合わせも楽しく盛り上がりました♪

今後も楽しく設計が進みそうです♪

 

| | コメント (0)

2012年2月11日 (土)

現場&温泉 その二

今日は午後からU houseの現場へ。

外部にはアルミサッシが取り付いてきました。

Uc

今日は外壁下地のチェックをした後に

照明器具の位置決めやUBの色決め等の打ち合わせ。

クライアントと工務店の三者で行いました。

途中からはご主人が入れたあったかいコーヒーで

身体を温めながらの打ち合わせ。

寒い現場ではこれが嬉しいです♪

Photo

この日もご主人はどうやら我々と温泉に行きたい様子。

打ち合わせが終わるとすぐに

現場担当者の石塚さんも強制勧誘し三人で温泉に行くことに。

現場から車で20分?くらいで到着。

Photo_2

ここはさくら市にある「松島温泉 乙女の湯

源泉かけ流しでお肌すべすべになるらしい!

洗い場の蛇口をひねるとこれも温泉らしく

手を洗い石鹸を流した後もツルツルしているんです。

湯船に浸かり身体を触ってみると

これまたツルッツル♪

これはかなりの効能!!!

ぬるめのお湯なのでじっくり浸かりながら

仕事を忘れて三人であれこれ談笑。

いつの間にか身体はポッカポカになり

外に出ても汗が止まらない程でした。

ぜひ一度行ってみてはいかがでしょう♪

風呂上りの汗も乾かぬうちに次のポイントへ移動。

車で10分くらい走った所のお蕎麦屋さんで食事。

のど越しの良い蕎麦と大きなかき揚げを頂きました♪

Photo_3

Uさん、温泉とおいしいお蕎麦、ご馳走様でした♪

帰りの高速で

石塚さんの車に抜かれました。。。

石塚さんって意外と飛ばし屋でした。

| | コメント (2)

2012年2月 6日 (月)

心の温もり

午後から栃木県高根沢町の現場へ。

雨でしたが年末より少々寒さは和らいだような感じ。

2階床は構造用合板の上に根太が流されて

フローリングを張る準備段階。

Uc02062

階段も出来てきました♪

Uc02063

入り口付近で発見しました。

Uc0206

クライアントの心遣いが嬉しいですね♪

職人さんは心まで温まることでしょう♪♪

| | コメント (2)

2012年2月 5日 (日)

長男二度目の引っ越し

藝大入学直後からキャンパスのある取手市に住んでいた長男。

2年生からは上野キャンパスになり、しばらくの間は取手~上野間を通っていた。

そんな中で彼には東京移住計画が沸々と湧いていたようだった。

しかし無謀な彼は資金不足に気づくのであった。

昨年6月、引越し資金を貯めるために彼は一時的に我が家へ戻ってきた。


それから約7ヶ月。

昨日、ついに念願の2度目の引っ越しが実現した。

1

レンタカーのハイエースには満載の荷物。

午後にはアパートに到着して、

あっという間に6帖の部屋にこれらの荷物が詰め込まれた。

2

22歳の彼の新たなスタート地点である。

ここを拠点に次はどんな活動を展開するのかなぁ・・・!

彼の夢と希望を垣間見た気がした瞬間だった。

頑張れ!22歳!

親父はいつでも君を応援している!

| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »